【Kindle Unlimited コミック】ドロ沼にハマる前にこの一冊! 榎本由美 先生の 「ああ不妊治療」! 感想 レビュー

2017年8月19日

アマゾン キンドル アンリミテッド で 読み放題 で 読める オススメ 漫画 を ご紹介。
画像クリックで商品ページに移ります。

ああ不妊治療 - 榎本由美 先生

今回ご紹介する作品は、「榎本由美」先生の「ああ不妊治療」です。

晩婚化が進み、不妊治療も高齢出産も比較的身近なものになってきました。しかしまだすこし尻込みしてしまうというのが現状です。本当に効果があるのか、かかる費用は?、労力は?…等々のぼんやりした不安。どうしても子どもが欲しいと不妊治療をはじめた著者が、足掛け8年で経験したさまざまな体験をユーモアたっぷりに描きます。妊活中の人はもちろん、休活中の人、卒業した人、悩める女性に送る、涙あり、笑いあり、情報ありの体験コミック!

壮絶すぎる闘い!

<以下、 ネタバレ を含みます>

我が家は現在結婚三年目。経済的にとか諸々の事情で今は子作りをしていないのですが、いざ作ろうと思ったときにどうなるか分からないものがありますから勉強のために読んでみることに。

こんな風に、これまでだったら男が気軽に手に取れないような本を読めるのが Kindle Unlimited の良いところですよね。

図書館で借りる感覚で読めるのが本当に嬉しい。

さて、そして内容は……可愛い絵柄なんですけど……ギャーッ!

何コレ? こんなにも辛いものなんですか、不妊治療って!?

序盤は注射の連発。

しかもその都度「卵巣を刺激したので休ませてください」とか言われて、二、三ヶ月治療が受けられなくなる。

焦るのにどうしようもない長い長い待ち時間……想像しただけでもしんどいや。

時間もお金もありったけ注いでもアレが来た瞬間に全て無意味になってしまうなんて、どれほど苦しいことなんだろうか。

後半になると、より費用のかかる治療法に手を出していくことに。

1本7500円の注射を10本以上打つとか、体外受精30万とか、淡々と描かれてますけど相当ホラー。

結果、8年間で1000万円ですって!

そんな激闘の果てに辿り着くラストが、凄く胸に来ました。

痛切なリアル。

是非ご自身の目で確かめて見てください。

――そんな榎本由美先生の最新情報。

「eビックコミック4」にて養護施設を追われた少女配信中とのことです。

絵柄のギャップが凄スギィィィッ!

養護施設を追われた少女 - 榎本由美先生

 

>> アマゾン キンドル アンリミテッド の オススメ コミック 一覧