【Kindle Unlimited コミック】救いなどいらない、リアリティが胸を抉る短編集。みやわき 心太郎先生 の「潮風のルフラン」! 感想 レビュー

2017年8月19日

画像クリックで商品ページに移ります。

みやわき 心太郎先生 - 潮風のルフラン
みやわき 心太郎先生 – 潮風のルフラン

 

Amazon Kindle Unlimited で 読める 面白い 漫画。

今回ご紹介する作品は、「みやわき新太郎」先生の「潮風のルフラン」です。

みやわき心太郎は、情と実の、語り部。その物語は、形を持たない情意への関心と、形ある事物を写実していく絵を、併せ持つ。――それが、叙情を叙事する、作風となる。
本巻収録作は、その作風と語り口が熟成し、手練ぶりを発揮している、作者中期の連作。
――ここでは、人の想いが、錯綜する。――劇は、人の、想いの中に、ある!
峠あかね(本文中「改題」より)

リアリティにうっとり!

表紙、綺麗。

みやわき心太郎先生といえば「レイプマン」という、「なぜかレイプすることで物事が丸くおさまる」という謎の怪作を描かれた方ですが、こちらの短編集は実にシリアスです。

全部で八話収録されていますが、僕は一話目の「二等船室」と八話目の「休日」が大好きでした。

他も良かったのですが、この二作は群を抜いて刺さるものがあったんですよね。前者は少女の姿に、後者は金魚の姿に。

あとがきに先生のコメントが載っていました。

「この本を企画した 宮西計三 氏が、始めに『二等船室』を置いてラストは『休日』にしたいとのこと――」

企画した方の感覚、滅茶苦茶分かります。きっと僕が感じたのと同じところで魅せられ、出版したいと思ったんでしょう……そんな風に考えると、なんか嬉しい。

みやわき新太郎先生は2010年に67歳でお亡くなりになられています。

上述の二作品は、1969年と1972年の作品とのこと。

今年から数えて、45~8年前の作品ですか……自分が生まれる遥か前の作品ですけど、凄いな、全然楽しめました!

人を選びますが、リアリティを求める人にはたまらない作品です。

その手の皆様、是非!

 

みやわき 心太郎先生 - 潮風のルフラン
みやわき 心太郎先生 – 潮風のルフラン

 

>> アマゾン キンドル アンリミテッド の オススメ コミック 一覧